IT業界への転職で失敗する理由の一つは自分の市場価値を知らない

IT業界への転職が失敗する理由の一つに、「自分の市場価値を知らない」という物が挙げられます。

まず、年齢に応じて、企業からの評価は違ってきます。

特に、35才辺りから、要求される水準は格段に上がります。

IT業界は売り手市場といわれていますが、「相当のスキルがある」などの事情がないかぎり、年齢が高くなるほど困難であると思ってよいでしょう。

次に、社内での評価と社外での評価は、一致するとは限りません。

新卒で入った会社でずっとやってきたという場合、社内での評価しか受けたことがないので、いざ転職活動をしてみて、「他では通用しないレベルだった」ということに気付かされるケースもままあります。

そして、社外評価を知らないということは、スキルの棚卸もできていないということです。

就職活動では自己PRが大事だとよくいわれますが、スキルの棚卸ができていないと、「アピールすべきポイントがずれてしまう」という結果になりがちです。