IT系の転職で失敗しやすい理由の一つは大企業にしか勤めたことがない

IT系の転職で失敗しやすい理由の一つに、「大企業にしか勤めたことがない」という物が挙げられます。

大企業では、福利厚生もしっかりしていますし、給与水準も、中小企業よりも当然ながら高いラインとなっています。

しかし、そのような状態から転職すると、ほぼ確実に収入は下がります。

むろん、相当なスキルがある人が外資系のコンサルティングファームなどに転職する場合は、収入が上がる可能性のほうが高いですが、「ベンチャー企業」という言葉への憧れだけで中小企業に転職してしまうケースがままあるのです。

そして、このようなケースに限って、転職の理由も明確でなく、さして実力もなかったりするのです。

確かに、大企業だと全体のごく一部の仕事しかできませんし、出世を狙っていてもなかなか席が空かないということはあります。

しかし、さして仕事ができない人でも、大企業に勤めているというだけで、大多数の人よりは恵まれて