月別アーカイブ: 2018年1月

IT業界への転職は高いスキルがない人には難しい

IT業界はスキルがあれば経験があまりなくてもできそうな仕事だというイメージがありました。そのため、IT業界で働いた経験がない私でも仕事ができると思い転職をしました。私はサイトを作って公開した経験があるので十分新しい仕事場でも通用すると考えていたのですが自分の予想とは全く違いました。私が作っていたサイトは自分の興味のある趣味のサイトだったので自分の好きなように作ればいいだけでした。しかし仕事で作るサイトはクライアントからの要求通りに作らないといけないので慎重に作る必要があります。私はクライアントから望まれたサイトを作る経験がなかったので最初はすごく戸惑ってしまいました。実際に転職してわかったのは、IT業界への転職は高いスキルがない人には転職しにくい業界だということです。私はもっとプロといっしょに仕事をしてからIT業界への転職をしたらよかったと思いました。例えば、クラウドソーシングでクライアントからの仕事を請け負ってみると仕事で使えるスキルを磨けると思います。

IT業界への転職をするときは長時間労働を覚悟しないといけない

私の友人にはエンジニアをしている人がいて高い給料を稼いでいる人がいました。そのため、私もIT業界への転職をしてたくさん稼ぎたいと考えるようになりました。IT業界はスキルがある人ならば年齢や性別に関わらずに稼げる業界だと思っていたので非常に理想の職場だと感じていました。毎日のように求人サイトで条件の良いIT業界の会社を探していたのですが、自分の条件にピッタリ合う会社が見つかったので転職をしました。実際にIT業界への転職をしてわかったのは、たくさん稼ぐためには残業をいっぱいしなくてはならないということです。私は自分のスキルが高いならば短時間で仕事を終らせることができると思っていたのですが、実際はしなくてはならないことが多くて長時間労働をしないといけませんでした。IT業界への転職をする前までは非常に華やかなイメージがあったのですが、意外としんどい職種だと感じました。自分の時間を大切にしたいという思いがあったのでいつかはフリーランスとして働きたいと思っています。

素早くコンテンツを作れるようになってからIT業界への転職をするべきだった

私はIT業界のイメージが非常に良かったので思い切ってIT業界への転職をしました。IT業界への転職は専門性が高い仕事なので知識が必要だと思っていたのでネットの専門のサイトで独学でスキルを上げる努力をしてからIT業界への転職をしました。また、仕事で使うことになる高い値段の画像編集ツールなどを買って自在に使えるように練習をしておきました。自分では仕事で使えるスキルを十分身につけることができたと思っていたのですが、実際にコンテンツを作る現場では困ることがいろいろありました。私が困ったのは期限を守れるように素早くコンテンツを作る作業です。私が個人でコンテンツを作っていたときは本を見ながら時間をかけて作っていたのですが、仕事をする際にはクライアントに迷惑がかからないように急いで作る必要があります。他のスキルが高い人のペースより作るスピードが遅いので迷惑をかけてしまうことがちょくちょくありました。やはりもっとスムーズにコンテンツを作れるようになってからIT業界への転職をしたほうが良かったと思いました。

後悔するようになったIT業界転職

今まで営業職で働いていましたが、スキルを身につけて長く働きたいと考えるようになり、IT系の職種は未経験も可能だったので、転職活動することにしました。IT系へ転職して、まず分野がかなり広く、ネットワーク構築やデーターベース構築、プログラミングなど様々な業種があり、そして未経験の場合は、かなり勉強も必要になるため、ハードな毎日を過ごすことになりました。IT系といっても、職種や業務内容などかなり幅広くあるため、まずはどの分野でスキルアップしていくのか、入社時には全く検討がつかず、入社後に人手が足りない部分へ配属され、資格取得に向けての勉強なども同時にしていかなければなりませんし、IT系の仕事は知識もかなり必要になるため、ストレスを感じるようになりました。入社前にもっと詳しく業務内容や職種について詳しく確認しておけばよかったと思い、かなり後悔するようになりました。想像していたのとは違うのでストレスです。

IT業界に転職して失敗したこと

私は大手のIT系企業に転職してしばらく経ちますが、転職して失敗したと感じたことがあります。

失敗したと感じている点はいくつかありますが、やはり業務の負荷が高いということが一番のポイントです。以前もIT系の仕事をしていたことがありますが、企業の規模は100名ほどでそれほど大きくありませんでした。当時は自分に割り当てられた仕事をとにかくこなせば良い感じだったため、業務時間が長くてもそれほどプレッシャーや不安を感じずに仕事を進めることができていました。

しかし、今の企業に転職してからは数千名規模の企業に入ったこともあり、携わるプロジェクトの規模が段違いに大きくなったことと、チームリーダーとしてプロジェクトに参加することになりました。当然、自分の業務だけをこなせば良いわけではなく、チームメンバーの管理やフォローに追われる日々になりました。プレッシャーを感じることも多く、精神的に疲れがたまっています。

転職によって給料はかなり良くなりましたが、それ以上に仕事の質に変化があり、困惑している毎日です。

IT業界へ転職して失敗しました

IT業界はスキルアップできるし、女性エンジニアはカッコ良いなと思い、初心者でも転職可能な会社へウェブサイトから応募して転職することができました。ですが、全くの素人で初心者歓迎だったのでチャレンジしてみましたが、IT系の資格を取得したり、プログラミングやネットワークの知識など様々なことを勉強する必要があるため、かなりハードな毎日を過ごすことになりました。仕事が終わるとグッタリ疲れが出るようになり、女性エンジニアとして働く上で専門知識も必要になるため、仕事の合間に資格取得に向けて勉強するなど、色々とハードな一面もあって大変でした。体の疲れを取ることが、何より大切になるので、週末など仕事が休みのときはひたすら寝ることが多くなり、友人と飲みに出かけることもかなり減ってきたので、日常生活が大きく変化し、とてもストレスがたまりました。慌ただしい日々の中で、IT業界へ転職したことは失敗だったと感じるようになりました。