IT業界に転職して失敗したこと

私は大手のIT系企業に転職してしばらく経ちますが、転職して失敗したと感じたことがあります。

失敗したと感じている点はいくつかありますが、やはり業務の負荷が高いということが一番のポイントです。以前もIT系の仕事をしていたことがありますが、企業の規模は100名ほどでそれほど大きくありませんでした。当時は自分に割り当てられた仕事をとにかくこなせば良い感じだったため、業務時間が長くてもそれほどプレッシャーや不安を感じずに仕事を進めることができていました。

しかし、今の企業に転職してからは数千名規模の企業に入ったこともあり、携わるプロジェクトの規模が段違いに大きくなったことと、チームリーダーとしてプロジェクトに参加することになりました。当然、自分の業務だけをこなせば良いわけではなく、チームメンバーの管理やフォローに追われる日々になりました。プレッシャーを感じることも多く、精神的に疲れがたまっています。

転職によって給料はかなり良くなりましたが、それ以上に仕事の質に変化があり、困惑している毎日です。