転職失敗談」カテゴリーアーカイブ

IT業界への転職は高いスキルがない人には難しい

IT業界はスキルがあれば経験があまりなくてもできそうな仕事だというイメージがありました。そのため、IT業界で働いた経験がない私でも仕事ができると思い転職をしました。私はサイトを作って公開した経験があるので十分新しい仕事場でも通用すると考えていたのですが自分の予想とは全く違いました。私が作っていたサイトは自分の興味のある趣味のサイトだったので自分の好きなように作ればいいだけでした。しかし仕事で作るサイトはクライアントからの要求通りに作らないといけないので慎重に作る必要があります。私はクライアントから望まれたサイトを作る経験がなかったので最初はすごく戸惑ってしまいました。実際に転職してわかったのは、IT業界への転職は高いスキルがない人には転職しにくい業界だということです。私はもっとプロといっしょに仕事をしてからIT業界への転職をしたらよかったと思いました。例えば、クラウドソーシングでクライアントからの仕事を請け負ってみると仕事で使えるスキルを磨けると思います。

IT業界への転職をするときは長時間労働を覚悟しないといけない

私の友人にはエンジニアをしている人がいて高い給料を稼いでいる人がいました。そのため、私もIT業界への転職をしてたくさん稼ぎたいと考えるようになりました。IT業界はスキルがある人ならば年齢や性別に関わらずに稼げる業界だと思っていたので非常に理想の職場だと感じていました。毎日のように求人サイトで条件の良いIT業界の会社を探していたのですが、自分の条件にピッタリ合う会社が見つかったので転職をしました。実際にIT業界への転職をしてわかったのは、たくさん稼ぐためには残業をいっぱいしなくてはならないということです。私は自分のスキルが高いならば短時間で仕事を終らせることができると思っていたのですが、実際はしなくてはならないことが多くて長時間労働をしないといけませんでした。IT業界への転職をする前までは非常に華やかなイメージがあったのですが、意外としんどい職種だと感じました。自分の時間を大切にしたいという思いがあったのでいつかはフリーランスとして働きたいと思っています。

素早くコンテンツを作れるようになってからIT業界への転職をするべきだった

私はIT業界のイメージが非常に良かったので思い切ってIT業界への転職をしました。IT業界への転職は専門性が高い仕事なので知識が必要だと思っていたのでネットの専門のサイトで独学でスキルを上げる努力をしてからIT業界への転職をしました。また、仕事で使うことになる高い値段の画像編集ツールなどを買って自在に使えるように練習をしておきました。自分では仕事で使えるスキルを十分身につけることができたと思っていたのですが、実際にコンテンツを作る現場では困ることがいろいろありました。私が困ったのは期限を守れるように素早くコンテンツを作る作業です。私が個人でコンテンツを作っていたときは本を見ながら時間をかけて作っていたのですが、仕事をする際にはクライアントに迷惑がかからないように急いで作る必要があります。他のスキルが高い人のペースより作るスピードが遅いので迷惑をかけてしまうことがちょくちょくありました。やはりもっとスムーズにコンテンツを作れるようになってからIT業界への転職をしたほうが良かったと思いました。

後悔するようになったIT業界転職

今まで営業職で働いていましたが、スキルを身につけて長く働きたいと考えるようになり、IT系の職種は未経験も可能だったので、転職活動することにしました。IT系へ転職して、まず分野がかなり広く、ネットワーク構築やデーターベース構築、プログラミングなど様々な業種があり、そして未経験の場合は、かなり勉強も必要になるため、ハードな毎日を過ごすことになりました。IT系といっても、職種や業務内容などかなり幅広くあるため、まずはどの分野でスキルアップしていくのか、入社時には全く検討がつかず、入社後に人手が足りない部分へ配属され、資格取得に向けての勉強なども同時にしていかなければなりませんし、IT系の仕事は知識もかなり必要になるため、ストレスを感じるようになりました。入社前にもっと詳しく業務内容や職種について詳しく確認しておけばよかったと思い、かなり後悔するようになりました。想像していたのとは違うのでストレスです。

IT業界に転職して失敗したこと

私は大手のIT系企業に転職してしばらく経ちますが、転職して失敗したと感じたことがあります。

失敗したと感じている点はいくつかありますが、やはり業務の負荷が高いということが一番のポイントです。以前もIT系の仕事をしていたことがありますが、企業の規模は100名ほどでそれほど大きくありませんでした。当時は自分に割り当てられた仕事をとにかくこなせば良い感じだったため、業務時間が長くてもそれほどプレッシャーや不安を感じずに仕事を進めることができていました。

しかし、今の企業に転職してからは数千名規模の企業に入ったこともあり、携わるプロジェクトの規模が段違いに大きくなったことと、チームリーダーとしてプロジェクトに参加することになりました。当然、自分の業務だけをこなせば良いわけではなく、チームメンバーの管理やフォローに追われる日々になりました。プレッシャーを感じることも多く、精神的に疲れがたまっています。

転職によって給料はかなり良くなりましたが、それ以上に仕事の質に変化があり、困惑している毎日です。

IT業界へ転職して失敗しました

IT業界はスキルアップできるし、女性エンジニアはカッコ良いなと思い、初心者でも転職可能な会社へウェブサイトから応募して転職することができました。ですが、全くの素人で初心者歓迎だったのでチャレンジしてみましたが、IT系の資格を取得したり、プログラミングやネットワークの知識など様々なことを勉強する必要があるため、かなりハードな毎日を過ごすことになりました。仕事が終わるとグッタリ疲れが出るようになり、女性エンジニアとして働く上で専門知識も必要になるため、仕事の合間に資格取得に向けて勉強するなど、色々とハードな一面もあって大変でした。体の疲れを取ることが、何より大切になるので、週末など仕事が休みのときはひたすら寝ることが多くなり、友人と飲みに出かけることもかなり減ってきたので、日常生活が大きく変化し、とてもストレスがたまりました。慌ただしい日々の中で、IT業界へ転職したことは失敗だったと感じるようになりました。

IT業界は体の負担が結構キツイ

IT業界に初めて転職する事になり、会社に出勤すると想像していた通り、大勢の方がデスクでノートパソコンとにらめっこしていました。ワクワク感があり頑張ろうといざ仕事を初めてみると大きな問題にぶち当たりました。

1つは仕事中はほとんど液晶画面を見続ける為、目がしんどい事です。目が疲れて目のかすみが毎回くるようになり、時にはかすみが酷くて見えない事もしばしばありました。

2つ目は一日中椅子に座っていると腰が痛くなる事です。

また休憩もあまり取れないほど忙しかった時期はほとんど椅子から動かずに作業をしていたため、いざ椅子から立ち上がろうとすると腰や首などが痛み出す事がよくありました。

3つ目は痔になりやすいです。

椅子に座り続けているとやはりお尻の病気になりやすいのか分からないのですが、職場の同僚の人で痔の方が結構いたことにびっくりしました。椅子にドーナツ型のクッションを置いて作業している姿をみるとIT業界に入ったのは失敗だと感じました。

自分の使う言語とは全く無縁

WEBの代理店に勤め始めたのだが、俗にいうHTMLやPHPとかの言語とは全く無縁の会社で、俗にいうWEBの記事を書く仕事であり主に取り扱うソフトはエクセルであるという事が、勤務開始してから判明しました。HTMLやcssとも円遠く、正直今まで勉強してきたことが一切役には立たない。困るのがエクセルばかり扱うので、今まで勉強してきたことを忘れる可能性がありました。やらないとプログラムは忘れるものです。

中に入ってやってみないと解らない事なんですが、どういう言語を使っているかを面接時にちゃんと聞くべきでした。確かに楽をしようと思えば出来る会社だと思います。しかしこのままずっとだと、確実に自分のスキルが落ちている事は明白でした。この危機感に入って一週間で退社を決意しました。エクセルを上手くなる為に入った訳でもないし、自分を成長させる要素もないように思いました。事務所内には言語そのものを扱っている様子もないのに、どういう訳がITを名乗っている会社でした。

IT業界転職したことは後悔です

IT業界へ転職すればお給料がアップすると思い、初心者歓迎のITベンチャー企業へ転職しましたが、最初1ヶ月間はしっかり教育などあり、かなりスキルアップすることができました。ですが、採用している人数もあまり多くなく、そして入社しても辞める方も多いので、一人あたりの仕事量がかなり多いのにびっくりしました。これを続けるには、残業も多くプライベートな時間がかなり少なくなるので、色々とストレスを感じることも多々ありました。一人当たりの作業がかなり負担も多く、研修1ヶ月間を過ぎた頃から、仕事も任せられるようになり、やりがいもあって楽しいと感じましたが、まだ未経験の分野なので、作業もよくわからず現場での対応になるので、とても大変でした。仕事をしながら学ぶことは大切ですが、なかなかうまく作業ができないので、ストレスを感じるようになりました。IT業界ベンチャー企業へ転職して入社後がかなり大変ですし、後悔しています。

webサービス運営会社から、憧れの制作会社に転職して失敗した話

当時の自分は、ECサイトで使用するwebサービスを開発・運営する会社に勤務していました。
とても居心地がよく、給与の待遇もよかったです。
しかし、いまいち仕事にやりがいが感じられず、若かったせいか刺激も足りないと思っていました。そこで何か自分を高める刺激が欲しいと思い立ち、週末にWebデザインの学校に通い始めました。そこの学校の卒業制作発表会で憧れだった制作会社の方に声をかけてもらい、転職したのですが、給料は下がりました。
しかし「好き」を仕事にできるし、自分のスキルアップに繋がると信じていました。
しかし、実際に転職してみると、話と違い、やりたかった仕事は1割程度。
あとはクライアントの無理な要望にひたすら答える極めてブラックな環境でした。
前の会社の話をすると、「そんなホワイトな職場があるんだ!」と驚かれました。

転職後の職場は普段は問題はなかったのですが、納期やホームページ公開直前になると、なぜか「徹夜自慢」をする先輩が現れたりしました。体調を壊す人が現れたり、あまりオフィスの空気もよくなかったです。また、ギリギリになって修正・変更を依頼してくるクライアントに振り回されまして、以前の自分たちの会社のペースでシステムを作る環境とは全く違っていました。

「憧れ」だけで転職して失敗しました。今後は、もう少しキャリアを磨いたら、ちゃんとリサーチして転職しようと思います。